ダーニングですって

こんにちは。本日はハンドメイド。
私、手芸好きなんです(^-^)
これからもたまに制作物についての記事もあげるかもしれません。

ダーニングって知ってますか?

最近、耳にしたのですが、いわゆる「お直し」のことをダーニングと言うらしいです。

Darning ダーニング
(ほころび穴の)かがり、かがり物

https://ejje.weblio.jp/content/darning

欧米に古くから伝わる衣類の修復技法のことで、日本では「繕い」というところでしょうか。
以前から言葉としてはあったのでしょうけど、私は知らなくて新鮮です。あと英語かっこいい笑

ダーニングの道具

針と糸はもちろんなのですが「ダーニングマッシュルーム」という道具を使います。

↑こんなんです。
木製でその名の通りきのこ型。これを布の下に当てて作業をするのが一般的なようです。
意外とお高くて私は持っていません(^^;;

ダーニングやってみた!

やってみました。ダーニング。
我が家、穴あきのものは多数ありますのでね(主に息子のズボン)

ダーニング スプーン

ダーニングマッシュルームは持っていないので、でかいスプーンで代用です。
スプーンでなくてもいいと思いますが、何か当てた方が断然やりやすいです。
すでに青い糸の部分はダーニングしたところ。今回はこの上のところを補修します。

ダーニング スプーン

布の下にスプーンを入れ、上からスプーンの首の位置をゴムで止めます。
普通の輪ゴムでもいいと思いますが、ヘアゴムを使用しています。

今回は青い糸の部分と同じ手法でやります(この布っぽくなるやつ何て言うんだろう…)

ダーニング 縫い方

こんな感じで縦糸と横糸を編み込んで布を作るようなイメージで縫っていきます。
機織りですね。
布地に針と糸を通しているのは上と下だけなので布への負担も少ない気がする。
図にするとこんな感じ↓

ダーニング 縫い方

まず横糸(オレンジ)を渡して、その後に縦糸(みどり)を横糸に交互にくぐらせながら縫っていきます。わかりやすいように色を変えていますが、実際は同じ糸で縫い進めています。
数列縦糸を入れたら端に寄せて隙間が出ないようにします。

この時、中島みゆきの「糸」がエンドレスで頭を流れます 縦の糸があなた〜横の糸が私〜♪
どうでもいいですね

★縦糸が先でもいいので布の形状や形に合わせてみて下さい。

最初と最後の始末は、刺繍のように縫い目に数センチ残した糸を入れていく方法が一般的なようですが、私は普通に玉結びと玉留めしました。

ダーニング 繕い

出来上がりましたー!

糸が当て布の代わりになっていますね。色を変えたりいろいろ楽しめそうです。

糸の選び方

前後になってしまいましたが、今回ダーニングに使った道具のご紹介

  • スプーン(ダーニングマッシュルームの代用)
  • ゴム(スプーンを止めるもの)
  • ハサミ(糸を切るため)

少ない道具でできるのは手軽でいいですね(^ ^)

この中で補修に直結するのが「糸」なので、いい糸を使うとかではなく、素材や使用方法に合わせた糸選びが必要です。
と言っても私も手芸については独学で好きなようにやっているのでそこまで詳しくもないしこだわってもいないのですが…。

例えば、生地が薄い場合は細くやわらかい糸、厚手のものはしっかり目の糸位でもいいかと思います。

今回はコットン毛糸が余っていたのでそれを使いました。
私の場合、素材云々よりも「余っていたから」という気持ちが…うふふ
基本的にやってることはお直しなのでその辺の糸でちゃちゃっとやることが多いですね。
最近は100均に売っているコットン系の毛糸が細いシリーズもありかわいいので、いつか使ってやろうと企んでおります( ̄∀ ̄)
刺し子の糸も柔らかくて好きです。

お直し遍歴

今までやってきたお直したち…刺繍で直すことが多かったです。
これからはダーニングと呼ぼう。かっこいいから。

インスタの手芸アカより抜粋しました。

手芸とは関係ないけど、穴あいたズボンがあまりにもボロい場合は子に聞くんですよ
「これもう捨てていい?(すんごいボロいし)」(心の声)
子は大抵まだはくって言うわけ。
物を大事にするのは良いことだけど、限度ってあると思うのよ。
薄黒いし穴何個目よって話だし…
仕方なく繕って、ズタボロになるか完全なサイズアウトまではいている訳ですが。

そんな母の邪念が詰まったお直したちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました